口コミやランキングを活用する|酵素ドリンクを選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々なタイプのお薬

サプリメント

浣腸薬

おすすめの便秘薬の一つに、浣腸があります。ドラッグストアでも便秘薬コーナーに販売されているので、商品を見たことがある人も多いでしょう。浣腸に含まれる成分にはグリセリンやD-ソルビトールがあります。グリセリンは腸管を刺激して大腸の蠕動運動を促します。更に浸透圧作用によって便に水分を含ませる作用もあり、それにより便が柔らかくなり排便が促されます。一方、D-ソルビトールは水分の保持作用によって、便に水分を含ませます。それにより便が柔らかくなって排便がしやすくなります。浣腸の効果は個人によって差はありますが、グリセリン浣腸の場合、すぐだと10分程度で効果が出る人もいます。またグリセリンもD-ソルビトールも頻回に使用すると、腸の反応が鈍るので連用は控えるのがおすすめです。

年代でお薬を選ぶ

便秘薬といってもその種類はたくさんあります。また年代によってもおすすめの便秘薬が異なります。特に乳幼児の便秘の場合は、マルツエキスと呼ばれる成分がおすすめです。マルツエキスには麦芽糖が含まれています。この麦芽糖の発酵作用や水分保持作用によって、大腸の蠕動運動が促進されるのです。麦芽糖であるので、乳幼児の発育不良時の栄養補給としても用いられます。このマルツエキスによる、重篤な副作用の問題はほとんどありません。また便秘のタイプによりますが、高齢者が使うおすすめの便秘薬の一つに、ピコスルファートナトリウムがあります。この薬の働きは大腸を刺激して、蠕動運動を促進させることです。また習慣性も少ないとされているので使いやすいメリットがあります。